一人で悩まない 債務整理や自己破産

一人で悩まない 債務整理や自己破産

自己破産で債務整理をする

借金を返済することができなくった場合に、民事的、法律的な方法で借金を整理することを債務整理といいます。債務状況を調査し、債務整理の方法を決定しますが、借金が無くなる人もいれば、返済総額が減る人など、債務整理方法により異なります。法律的な手続きだけなく、民事的な手続きで解決することもあります。違法な金利を適用している場合は、和解により借金を無かったことにすることもあります。借金を返すために借金をしてしまっている多重債務者や長期にわたり借金の返済をしている人は、債務整理をすることを検討すべきです。債務整理には、自己破産、任意整理、特定調停、個人版の民事再生があります。

借金の返済義務から逃れられ、高価な財産を処分する手続きを自己破産といいます。借金の返済義務から逃れることを免責といいますが、自己破産で免責できると、借金や保証人の義務、滞納した家賃などの支払い義務がなくなります。免責できる代わりに、高価な財産を処分する必要がありますが、家具や家電、年数が経過した自動車、掛け捨ての生命保険などは、自己破産後も保有することができます。デメリットとしては、官報に記載されたり、ブラックリストに載るため新たなクレジットカードを作ったり、お金を借りたりすることはできません。また、警備員や保険外交員などの職業には就くことはできません。このようなデメリットはありますが、それよりも取り立てから逃れられるメリットの方が大きいです。

Copyright (C)2017一人で悩まない 債務整理や自己破産.All rights reserved.