一人で悩まない 債務整理や自己破産

一人で悩まない 債務整理や自己破産

債務整理や自己破産は、多重債務者にとって最後の砦だ。

毎日のように、借金取りから催促の電話が来るようになると、仕事もままならない状態になる。場合によっては仕事場にまで電話が来るようになる。ココまで来ると全く仕事が手に付かなくなってしまうだけで無く、社にの人間にも借金の事実がばれてしまう。いくら居留守を使ったところで、毎日のように借金の催促はやってくる。場合によっては、自宅や会社にまで現れることになるかも知れない。こんな多重債務者を助けてくれるのが、自己破産と債務整理だ。基本的には、どちらもご近所の人間に知れることは無い。ごくごく普通の生活を行えるのだ。政務整理と自己破産を行うと、借金取りからの連絡は@ピタリと止まる。全く新しい生活を行うことが出来るのだ。

きれいさっぱり借金から逃れて、全く新しい生活を始めることが出来る。そのための法律が破産法である。自己破産や債務整理を行うことで、これまでの借金がきれいに清算される。この恩恵に預かることで、一から新しい生活を行うことが出来るのだ。債務整理や自己破産をすると、その後5年間は借金をすることが出来なくなる。しかし、その5年が過ぎれば、ほとんどの場合、新たに借金をすることも可能で、普通の生活をしている人と全く変わらない生活をすることが出来るようになるのだ。借金取りに追われなくなるだけで無く、これまでに作った借金も帳消しになるので、多重債務者にとってはこれほどありがたいことは無いだろう。また、債務整理の場合は、過払い金が返ってくることもあるので、新たな一歩を踏み出すには言うことなしだ。

Copyright (C)2017一人で悩まない 債務整理や自己破産.All rights reserved.